ミチノ・ル・トゥールビヨンシェフ道野 正のオフィシャルサイト


by chefmessage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2001年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

店名について

 お客様によく尋ねられるのですが、店名の “ル・トゥ-ルビヨン” とはフランス語で “つむじ風”とか“旋風”とか言う意味です。
 随分と威勢の良いネ-ミングですが、元々は、それを意図していたのではありません。
由来は、フランス修行時代に、ふと目にしたエルメスのスカ-フの柄にあるのです。それは、中心から外側に向かっていろんな色と模様の葉っぱが、大きくなりながら渦をまくように拡がっていく図柄で、トゥ-ルビヨンと名付けられていました。それを見た時、とても印象に残りました。
 だって不思議じゃないですか?そこに描かれているのはいろんな葉っぱであって、つむじ風ではないのですから。
 姿は見えないけれど、舞う葉っぱの動きで存在を明らかにする。 なんだかスカ-フなのに妙に哲学的で、フランス人らしいと、感心してしまいました。
 そして、いつか自分のお店が持てたら、それを拝借してやろうと思ったのです。
今から15年前、32歳の時でした。いつかは俺も、それだけが心の支えだったような気がします。 だったら、夢が実現した時、何故その名前だけにしなかったんだ、という苦言はごもっとも。
 なにしろ、自分たちでさえ、電話で正式名称がいえないくらい長ったらしい名前のレストランである、というのが現状なのですから。
すみません、土壇場になって、どうしても目立ちたくなったんです。
でも、今はまだいいですよ、ミチノがシェフの名前であるということが、おかげさまで少しはご理解いただけるようになったから。
 それまでは、「ミチノって、どういう意味ですか、」と聞かれたり、「このややこしい名前なんとかならんのか、」と叱られたりで、ほんとに改名したい時期もあったんですから。でも、性格が依怙地だから、そのまんまで11年たってしまいましたけど。
 でも、興味深いことに、地方によってうちの店の名前って覚えられ方がちがうのです。
だいたい関東の方は、「ル・トゥ-ルビヨンですか」と電話で聞かれます。
関西の方は、ストレ-トに「ミチノですか」になります。どちらでもいいのですが、そういうのって、おもしろくありません?
 それと、僕自身が時計マニアなので、よく、時計のトゥ-ルビヨンに憧れて命名されたのですか、と尋ねられることがありますが、それはありません。僕には、残念ながら、あのシステムが何故あんなに高価なのか理解できません。作るのが難しいのはわかりますが、むしろ現代のように、一つ一つのパ-ツの精度があがってしまうと、ああいう複雑な機構は、必要ないと思うのです。
まあ、趣味の工芸品といいましょうか。だから、宝くじでも当たらないかぎり買わないと思います。
 それから、時計に関してこれは余談になりますが、このごろ、いわゆる最先端のオシャレ人間の皆さんが、こぞってフランク・ミュ-ラ-をはめておられますが、僕自身は嫌いです。自分を自分でカリスマ化して、それで馬鹿高い値段で製品を売りさばくシステムって、危なくないですか? だって、ミュ-ラ-の時計って、デザインと仕上げはいいけれど、中身は結構ありきたりだと思うんだけど。 それを、なんでもかんでも自分が発明したようにふれこむのはどうかなあ。うさんくさいなあ。このごろ、平気で他人のデザインぱくっているみたいだし。
 などと言っていると、あ、お客様が来られたようです。さて、透明になってつむじ風に変身しなくては。
 それでは、また。
[PR]
by chefmessage | 2001-05-01 22:23