人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ミチノ・ル・トゥールビヨンシェフ道野 正のオフィシャルサイト


by chefmessage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

天国の扉

 先月の29日に、以前このページに書かせていただいたライターの団田芳子さんの、ファンクラブの新年会が当店で催されました。
 このファンクラブ、正式名称は「団田さんを囲む会」というらしいのですが、とにかく構成するメンバーが錚々たるお歴々で、そのうえ、食にこだわる方ばかり。そればかりか、何故かキャンセル待ちが出るほど参加者が増えて、相乗効果でみなさんの期待感がふくれあがり、結局一人のキャンセルもないまま満席御礼で当日に突入することになりました。
 結構、過大なプレッシャーを感じないわけにはいかなかったのですが、それにまともに応えようとすると我を失って、うわすべりしてしまう可能性があったので、ぼくは平常心で臨むことを念頭においてその日を迎えました。
 そして宴の始まり。
 でも、いざ料理に取り掛かったら、これがなんだかスムーズに流れていくのです。自然なリズムができあがって、それにそって粛々と進んでいく。来たな、とぼくは思いました。
 毎日毎日、料理を作り続けていると、ごくたまにこういうことが起こります。
 お客様の、サーヴィスの、料理人の呼吸がひとつになる。ひとつの方向に、全員の気持ちが向かっていく。歓びがその場にいる全員に等しく共有されて、高まっていく。
 お断りしておきますが、ぼくは決して神秘主義者ではありません。むしろ、宗教的な事柄に関しては人並み以上に客観的です。なにしろ、大学の神学部で「比較宗教学」を勉強していた人間ですから。でも、こういうときには感じるのです。なにか別の力が働いているのではないか、と。
 いろんな偶然が重なり合った結果なのだと思います。でも、その心地よさが、たまに訪れる「祝福された時」が、ぼくの料理人人生を長らえさせているのではないか。
 本来の実力以上の力が発揮される瞬間、それが評価され全面的に受け入れられることへの快感。
 めったにあることではないし、それを期待されても困るのです。でも、だからこそ、やめられへんな、と思ってしまう。今回は幸いにも、それが起こったということでしょう。
 そして、もう一つ、ぼくにとって感動的な出来事が同じ日にありました。

 団田さんファンクラブに、プロのチェロ演奏家の庄司さんという方がおられます。この方が当日、興に乗ってチェロを弾いてくださることになりました。その時、ぼくは厨房にいたのですが、マネージャーの原が、「シェフに聞いていただきたい、とおっしゃってます。」と、ぼくを呼びにきました。早速、ホールに出ると、庄司さんが演奏し始めたその曲は、専門のクラシックならぬビートルズのナンバー「ヘルタースケルター」。
 ぼくと庄司さんはFacebookのお友達なのですが、以前ぼくがポール・マッカートニーのコンサートに行ったときの感想を書いた投稿を読んでおられたのでしょう。その内容はこうでした。
 「ヘルタースケルターを聞いているとき、ぼくは随分前に亡くなった弟のことを突然、思い出しました。音楽好きの彼と聞きたかった。きっと彼も喜んだだろうと思えるほど、それは素晴らしい演奏でした。」。
 わざわざチェロ用に編曲してくださったのでしょう。庄司さんの「ヘルタースケルター」は見事で、圧巻でした。背筋がぞくっとするほど。
 そして、その時もぼくは思ったのです。おい、聴いてるか?やっぱり音楽はエエよな。
 もちろん、ぼくだけのために演奏してくださったわけではないと思います。でも、うれしかったな。
 
 楽器を演奏すること、料理を作ること、ともに小さな仕事だとぼくは思います。本来、大量生産できるものではありません。ごく限られた人数に対して、一期一会で提供するもの。決して生産的な仕事ではないし、経済的な効率もはなはだよろしくない。
 でも、演奏家も料理人も、一生の仕事としてそれに懸命に取り組みます。誰かに命令されて、あるいは仕方なくてするものではありません。ただひたすら努力をする。なぜなら、努力すればするほど、人を感動させられると考えているから。

 ぼくは家族をこころから大切に思っています。友達も大事にしたい。でも、やっぱり、人は一人で生まれて、一人で死んでいく。そればかりはどうしようもないのです。
 だから、せめて生きているあいだは、いつも他人と良いかたちで関わっていたい。そして、励まし、励まされたい。そのために、ぼくたちは優れた演奏家や料理人でありたいと願っているのです。自分が、人を感動させられる手段を持っている、それがぼくたちの誇りだから。

 ぼくは庄司さんの演奏で大いに励まされました。感謝の言葉をいくつ並べても足りないくらい。そして、あの日、ぼくも同じく、集まったお客様を勇気づけることができたと思っています。
 天国の扉をいつも開けれるわけではありません。でも、この手にぼくは鍵を握っている、そう実感できた一夜でした。そして、そう感じることができたのは、あの日、ぼくの店に集まってくださったお客様全員のおかげだったと思います。
 ありがとうございました。次は、もっといい料理が作れるように頑張ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
by chefmessage | 2014-02-09 11:44