人気ブログランキング |

ミチノ・ル・トゥールビヨンシェフ道野 正のオフィシャルサイト


by chefmessage
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[蘇ボックス」の由来

    蘇ボックスの由来
  最初は、皆さん慎重だなと思っていたのです。そんなに怖がらなくてもいいんじゃないか、でも、3月後半の予約、特に団体の予約がどんどんキャンセルになっていきました。それでもぼくはまだ、すぐに復調するだろうと思っていたのです。ところが、4月の予約がまったく入らない。いきなりコロナ禍がくっきりとその姿を現しました。といっても、実物は見えないのです。ぼくはそのことに驚愕しました。目に見えるものならまだしも、これでは対処しようがないのではないか。収入の途がブツっと音を立てて消えました。まるで暗転みたいに。 
 数日間、途方に暮れました。そしてひたすら考えました。その時間はたっぷりとあったから。その間、SNSで頻繁に「飲食業救済を国に訴えよう」というキャンペーンが載るようになりました。賛同者が加速度的に増えていきます。ぼくのところにも何人かが賛同するように求めてきました。でも、そのことにぼくは違和感を感じました。「困っているのは飲食業だけなのか?」。 

 飲食業はお客様があってはじめて成り立つ商売です。いわば受け身の業態です。その受け身の側がまず助けを求めるというのは順序が間違っているのではないだろうか。 
 もちろん、すべての人間が同じ意見を持つ必要はありません。声をあげた人にはその人なりの論理があるし、それを否定するつもりは毛頭ありません。賛同する人たちも同じです。でも逆に、勢いが増すに連れて、それに賛同しない人間は許さないという同調圧力が生まれてくるのは避けた方が良い。だからぼくはむしろ、今自分ができることを探して、それを精一杯やるべきだと思ったのです。大きな流れに与するよりも、小さな波動を広げていきたい。手応えを感じることで、自分の存在意義を、あるいは人とのつながりを確かめたい。 
 ぼくは間違っているかもしれません。でも、それもまた意見の一つではないかと思ったのです。 

 能動する側が動けないのならば、受動する側が歩み寄れば良い。それが「蘇ボックス」の原点です。 ぼくは料理人だから、料理を届ければ良い。その料理を基に、家庭内でレストランを出現させれば良い。こういう風に表現すると問題があるかもしれませんが、あえて言葉にするなら、ぼくは「レストランごっこ」をしてもらおうと思ったのです。
 とっておきのお皿を登場させ、そのお皿にシェフになった気持ちで料理を盛り付ける。フォークナイフが並べられ、ナプキンが置かれ、いつか飲もうと買ってあったワインを抜栓する。テーブルにはお花が飾られているかもしれません。外出ができない代わりに、家族の晩餐が催される。沈んでいた気分が高揚し、会話が弾み、思い出となる一夜が生まれる。それは今でしかできないことかもしれません。ぼくは、その手助けをすることで自分の存在意義を見出したかったのです。 
 だからぼくは、主張のある料理は避けようと思いました。このような状況の中での自己主張には意味がない。むしろ、真っ直ぐにおいしさを感じることができるフランス料理を作ろうと思いました。そして、できるだけシンプルに。しっかりとした土台を提供すれば、あとは好きに飾ることができるから。 何も足さなくても完成している。けれども、創意工夫でそれ以上のオリジナルが作れるもの。作っているうちに気持ちが蘇るもの。勇気が湧いてくるもの、それが「蘇ボックス」だと思ったのです。

 まずマダムが「蘇ボックス、スイーツ」を完成させました。だからボックスには「蘇」の字とmadame michino の名が入ったシールが貼られています。次に、何回かの試作を経て実際に出来上がったものを友人知人に送りつけて感想を聞き、それを基にキットを完成させました。最後に販売のツールを、当店の岡﨑と宝塚パソコンサポートの岡田夫妻が完成させ、「蘇ボックス」は世に出たのです。
 最初は徐々に、でも5月の連休と10日の母の日には注文が殺到しました。その後は毎日一定の量を決めて、販売は続いています。 
 
 今回のことでは嬉しい驚きが二つありました。 まず、お礼のメールが少なからず送られてくるということ。送りっぱなし、ではなくて反響が大きいのです。中には、喜びがダイレクトに伝わってくるものもあって、これまで見ず知らずであった人たちに親しみを感じることが多くあります。そのことがとても嬉しい。自分たちのやっていることは間違いではない、それを知ることは励みになります。励ますつもりが逆に頑張れよと背中を押されるのです。これは健全な人間関係だとぼくは思います。
 もう一つは、リピートがとても多いことです。美味しかったから、あの人にプレゼントしたい、そのような依頼がたくさん来ます。投げた石の起こす水面の波紋が広がっていく。相手を思いやる気持ちと、それをお手伝いする気持ちが交流し、沈みがちだった気持ちに優しさが蘇る。圧力で押さえ込んで生まれるものではない、柔らかな人の根本的な気質が具現化していくようです。 

 もちろん、ぼくはレストランの再開を望んでいます。もう40年以上も続けてきた仕事です。でも、今はそれをすることができません。そのことに不服を申し立てても仕様がない。百年に一度という災厄が世界を席巻しているのです。失われるものの大きさに打ちのめされそうです。でも、何か自分にできることはないだろうか。自分のために、隣にいる人たちのために、それを考え、小さなことでも実行に移すことで見えてくる未来もあるのではないでしょうか。 数々の悲劇があって、その一つ一つに呻き声を上げるしかないけれども、倒れてはいけない、倒れる前に為すべきことを成そうと思います。 

小さな花が芽吹くように、荒地のそこかしこで真っ直ぐ立ち上がるもの 
それが「蘇ボックス」の名前の由来です。 

by chefmessage | 2020-05-21 18:38